産婦人科は泉南付近の笠松産婦人科・小児科へ@大阪・阪南市
HOME>院長からお母さんへ

当院の歩み

Ⅰ期 「母乳栄養、母乳分泌」の時期 ~桶谷式との出会い~
1983.4 開院
1985.12 桶谷式乳房マッサージとの出会い
Ⅱ期 『10ヶ条と母乳育児』の時期
1992.8 「母乳をすすめる産科医と小児科医の集い」参加
「母乳育児成功のための10ヶ条」導入
1992.10 「おっぱい先生(山内逸郎先生)の子育て講演会」開催
1994.8 「日本母乳の会」運営委員となる
1996.6 フリースタイル出産(アクティブバース)始まる
Ⅲ期 『母乳育児支援、母子支援』の時期BFHIの「I」
1996.8 『赤ちゃんにやさしい病院(BFH)』認定(日本で6番目)
1997.4 バースコーナー設置でフリースタイル出産増加
1997.11 南部春生先生「子育て講演会」開催
1998.4 出産直後のカンガルーケア始める
1998.6 「大阪母乳の会」結成参加(事務局となる)
1998.8 第8回 母乳育児シンポジウム(神戸)実行委員長
2002.12 フリースタイル出産は約8割となる
2008.7 第17回母乳育児シンポジウム副実行委員長
2010.2 第一回近畿母乳育児フォーラム運営委員長


母乳育児成功のための「山内3.5カ条」

山内先生は、母乳育児を成功裏に開始するための必要十分な条件を「山内3.5カ条」としてまとめられました。

■山内3.5カ条
 1: 出産30分以内に、初回授乳をさせること。
 2: 出産24時間以内に、7回以上(初回授乳は含まず)飲ませること。
 3: 出産直後からの母子同室、母子同床にすること。
3.5: 乳管開通操作を、陣痛が起こったら始めて、乳管のつまりを取っておくこと。