産婦人科は泉南付近の笠松産婦人科・小児科へ@大阪・阪南市
HOME>フリースタイル出産のメリット

フリースタイル出産のメリット

フリースタイル出産のメリット

まだ実践しているところが少なくイメージが湧かないためか、何だか難しそうなお産だと思っている人が多いことがわかりました(本当は普段お腹が痛いときゴロゴロしているのと同じで楽にしているだけなのですが)。

ただ、経験者と思われる人はほとんどみんな次もぜひやりたいと感じて頂けます。

やってみれば数々のメリットがあるのがフリースタイル出産です。

メリット

分娩台の上に固定されず、自由な姿勢で出産する事が可能です。

人間の身体のデザインを見直してみれば、ヒトの産道は仰向けに寝てしまうと登り坂になるようなカーブを描いています。ですから、何かにつかまった前傾姿勢、よつんばいなどが産むには効率のいい姿勢です。そして産みやすい姿勢とは、痛みも軽減される姿勢なのです。

夫や子供の立会いも可能です。

分娩台に乗ると医療的な雰囲気になりますが、フリースタイル出産は畳やフローリングの部屋でおこなわれたり、分娩台を使うとしてもベッドのようなものだったりします。その風景は普段の生活と近いですから、夫や上の子の立会いもお互いにリラックスできるようです。

会陰切開などいろいろな医療処置が減ります。

フリースタイル出産は会陰裂傷が起きにくいので、会陰切開を避けたい人にはおすすめです。動いているため子宮も血流がよく、赤ちゃんの心音が低下しにくいと言われています。

自信と達成感

自分で好きな姿勢を探すので、自分で産んだという感覚も強く、達成感や自信が得られるのもこの出産の特徴です。身体の摂理にそったお産ですから副作用はありません。医療行為が必要になった場合に分娩台へ移らなければならないことくらいです。