産婦人科は泉南付近の笠松産婦人科・小児科へ@大阪・阪南市
HOME>院長の学術活動報告

院長の学術活動報告

院長の活動報告
 2014年

 1月18~19日 日本母乳の会理事会出席

 

 1月21日     保険請求勉強会(堺市民会館)

 

 2月2日      第5回近畿母乳育児フォーラム

              於) グランフロント大阪

              テーマ) 『乳腺炎への対応』

                   『補足基準について』

              参加者) 200名を超える予想以上の参加者数でした

 

 2月5~6日   モンゴル国より、新生児科医のトンガラク先生、オユンナ先生が研修訪問に来られました(今年で6回目、そしてこの年で終了となりました)。

            毎回恒例の、夕食会、朝からスタッフによるフリースタイル出産、授乳支援・介助、小児科健診の説明、午後から院長の「私たちの施設のお産、母乳育児支援」のプレゼン、モンゴル国新生児医療の紹介のあと、これまた恒例の歓迎パーティと、私たちの施設のおもてなしに充実した時間を過ごしていただいたのではないか、と思っています。記念写真、プレゼント交換、特に今回は「着物着付け体験」を企画し、とても喜んでいただけたと感じています。

 

 2月8日      泉州和医大会に参加してまいりました

 

 2月22日     ベルランド総合病院BFH認定記念講演会に参加し、日本母乳の会を代表して祝辞を述べてまいりました。

 

 3月8~9日   “おさんぽ”(自然出産を目指す産科医の集まり)のオフ会が群馬県の伊香保温泉であり、行ってまいりました。メンバー中、参加された方は少数でしたが、とても楽しく語らいました。短いひと時でしたが、極上の時間となりました、ありがとうございました。

 

 4月8日      難波で久しぶりに“いいお産の日”のメンバーが集まりました。「このままでいいのか」などいろいろ意見が噴出しました。

 

 4月12日     枚方市のO産婦人科(友人でもあるのです)で『10ヵ条を施設に導入するには』の演題で講演してまいりました。

            構成は、A.母乳育児成功のための10ヵ条 B.「入院1週間」という環境 C.「入院中の支援」を解析する D.「入院中の支援」の実践 で講演させていただきました。

 

 4月19日     大阪母乳の会定例会

 

 4月26日     日本母乳の会関連委員会会議

 

 5月11~12日 北陸地方の病院にBFH現地調査に行ってまいりました。素晴らしい病院でした。

 

 5月16、20日  奈良県天理市の病院のスタッフが2名ずつ2日がかりで施設見学に来られました。

 

 5月24~25日 中部地方のBFH病院に訪問、支援に行ってまいりました。良く頑張っておられました。

            講演の構成は、A.私たちの周産期環境 B.母乳育児支援の「評価」 C.「入院中」の母乳育児支援 D.「赤ちゃんの心を聞く」母乳育児 で話をさせていただきました。

 

 6月8日      大阪母乳の会第17回“おっぱい・子育ておおさかフォーラム”(ところ;ブリーゼプラザ)の企画は、スキルアップセミナー、『初回授乳、生まれて24時間の取組み』『STS、母子同室のリスクマネージメント』『施設退院後のフォロー』の3つの演題に、大阪府下BFH6施設が、2施設ずつ、発表役、コメント役、司会進行役に分かれて、トークバトルを行う刺激的なもので、結果も十分満足すべきものとなったと感じています。

 

 6月28~29日 日本母乳の会理事会に出席してまいりました。

 

 7月6日      ひょうご母乳・育児の会に参加してまいりました。

            

 7月6日      同じ日に大阪府立母子センターのワークショップがあり、当院のスタッフがチューターとして参加しました。

 

 7月10日     泉佐野泉南勉強会で大阪大学木村教授がお話していただき、その司会をさせていただきました。拙い司会で申し訳ありませんでした。このたびはありがとうございました。

 

 7月19日     なにわ周産期セミナーに参加してまいりました。

 

 7月20日     わかやま母乳の会に参加してまいりました。

 

 8月1~3日   熊本市で開催された母乳育児シンポジウムにスタッフ4名と共に参加して参りました。近藤実行委員長始め、地域の実行委員皆さまの思いが伝わってくる、素晴らしい集まりでした。お疲れさまでした。本場の郷土料理、ごちそうさまでした。

 8月3日     シンポジウムの合間に、少し足を延ばして「水俣病資料館」に行ってまいりました。学生時代からの数十年来の“果たしきれなかった”思い、少しは晴らすことができました。皆さまのご冥福をご健康を祈りつつ。

 8月5日     産経新聞より「母乳育児支援」の取材を受けました。母乳育児の優れた点は「育つ心を育てる」ところにある、と話させていただきました。

 

 8月24日     関連委員会の会議に出席してまいりました

 

 9月6日      大阪母乳の会定例会で、青野敏博先生に「プロラクチン・オキシトシン」セミナーをお願いしました(今回から計3回です)。

 

 9月7日      日本母乳の会新理事会が招集され、出席してまいりました。

 

 9月27日     和歌山医大病院で、NCPRAコース受験してまいりました(無事合格しました)。

 

 9月28日     三杉進先生お別れ会に出席してまいりました。本当にこれでお別れですよね、三杉さん!

 

11月15日     大阪母乳の会定例会「青野敏博先生セミナー②」開催

 

11月29~30日 BFH施設連絡会議にスタッフ2名と共に出席してまいりました。

 

12月13日     日本母乳の会関連委員会会議に出席してまいりました。

 

12月20~21日 中国地方のBFH病院に訪問・支援に行きました。講演は『母乳育児支援で目指すもの』の演題で、内容は「A.母乳育児支援の成功とは B.入院中の母乳育児支援 C.赤ちゃんの心を聞く母乳育児」でした。お役に立てましたでしょうか? 元気出ましたでしょうか?

投稿者 医療法人 笠松産婦人科・小児科 (2015年7月30日 11:43) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :